理科の部屋

理科・実験 自記温度計設置  

4年生の「天気と気温」の学習で、天気による気温の変化について学習しています。校庭に設置されている百葉箱に気温を自動で記録する自記温度計を設置し、一週間の温度の変化を調べていきます。

虫眼鏡 ツルレイシ    

4年生は、ベランダでツルレイシを育て始めました。

このツルレイシは、春夏秋の季節ごとに観察し、気温と植物の関係について考えていきます。

そして、一部のツルレイシは夏の暑さをしのぐグリーンカーテンにするようです。育つのが楽しみです!

虫眼鏡 こん虫をそだてよう

3年生が、昆虫の成長の過程を観察するために、校舎北側のキャベツ畑へモンシロチョウの卵を採集しにいきました。

キャベツの葉の裏側を見ると、黄色くかわいい卵を見つけることができました。

 

各班、一枚ずつ卵のついたキャベツの葉をとってきて、葉がすぐに枯れないように茎を保護しました。

 

 

卵からチョウになるまでの変化を観察していくのが楽しみです!

理科・実験 ものを燃やすはたらきがある気体は…

空気中に含まれている、窒素・酸素・二酸化炭素のうち、ものを燃やすはたらきがある気体はどれなのかを調べる実験をしました。 

まずは、水上置換法でびんに気体を集めます。 

そのびんの中に、ろうそくの火を入れて様子を見ました。

 

窒素と二酸化炭素に火をいれると…

あっという間に、火が消えてしまいます。

 

酸素に火をいれると…

火が激しく燃えました。

 

実験の結果から、ものを燃やすはたらきがあるのは、酸素だということがわかりました。

生活の中で、酸素にものを燃やす力があることを知っていた児童もいましたが、実際に実験でその力を確かめてみると新鮮な驚きがありました!

理科・実験 ものが燃えるのに必要なのは…

6年生が、ものが燃え続けるのに空気が必要なのか調べる実験を行いました。

透明な空気の動きを見るために、線香の煙を利用しました。

 

火のついたろうそくを入れたビンに、煙が吸い込まれていきます。

ものが燃えるのには、新鮮な空気が必要だということが確認できました。

次回は、空気中の窒素・酸素・二酸化炭素のうち、ものを燃やす力があるのはどの気体なのかを調べます。

虫眼鏡 植物の種植え   

3年生の理科では、先日行った高田川の観察で様々な生き物を見つけ、姿形がそれぞれ違っていたことを確認しました。

「では、種類の違う植物は、育ち方も違うの?同じなの?」という疑問が生まれ、グループで協力して何種類かの植物を育てることになりました。

育てる植物は、班ごとに若干違いますが、ホウセンカ・フウセンカズラ・マリーゴールド・オクラ・落花生・ヒマワリです。

はたして、育ち方、そしてその過程での姿形にどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

一方、6年生が育て始めたホウセンカは、発芽第1号が見つかりました。6月末に実験で使用するので、このまま順調に育ってもらいたいです。

虫眼鏡 しぜんのかんさつをしよう

3年生が、3・4時間目をつかって高田川沿いの親水公園ヘ生き物観察へ行きました。

晴天に恵まれ、少し暑いと感じるくらいの陽気でした。

公園は、まだ桜がなんとか残っており、タンポポや菜の花も観察できました。

 虫は、モンシロチョウやダンゴムシ、てんとう虫は幼虫から成虫までいました。中には、ザリガニやモツゴの幼魚を捕まえた子もいました。

気温が上がり、多くの生き物が活動しはじめたようです。

 たくさんの生き物と触れ合うことができ、それぞれ姿・形が違うことに気づけたと思います。

虫眼鏡 観察の仕方    

3年生は、18日に高田川へ生き物観察へ行きます。出発の前に、虫メガネの使い方を学習しました。

 

今年度から理科が始まった3年生は、気合十分!

高田川では、ただ生き物見つけをするのではなく、生き物の『形』『色』『大きさ』に着目して、しっかり観察してきます!

虫眼鏡 ホウセンカの種植え

6年生、新年度1回目の理科です。

オリエンテーションの後、実験で使うホウセンカの種植えを行いました。

どんな実験に使用するかは、これからのお楽しみです。

0 0 3 6 0