理科の部屋

理科・実験 ゴムの力で動かそう

3年生は、専用の実験キットを用いて、ゴムでものを動かす力を大きくする方法を調べました。

 

 

中々行くことのない体育館の二階で測定を行ったので、それだけでウキウキしている子もいました。十分なスペースで、二人組でじっくりとゴムの特性を探ることができました!

理科・実験 だ液のはたらきは?

6年生は、栄養を体に取り入れる理由を考えるために、だ液のはたらきを調べる実験を行いました。

袋の中に、ごはん粒と水を混ぜたものと、ごはん粒とだ液を混ぜたものを用意し、ヨウ素液を入れてみます。

だ液の方は、反応がありませんでした!これにより、だ液にはごはんの中のでんぷんを、「別の何か」に変化させるはたらきがあることがわかりました。

「別の何か」とはなんなのかや、体のどこに行くのかなどを、これから調べていきます。

虫眼鏡 植え替え     

3年生は、飲料パックに土を入れてベランダで育てていた植物が大きくなってきたので、学年の畑に植え替えを行いました。 

 これから植物をもっと大きく育て、植物ごとの成長の様子を比べたり、今後の成長の様子を観察したりします。

理科・実験 吸う空気と吐く空気

6年が、呼吸で吸う空気と吐く空気の違いを調べ、体の中に何を取り入れ、何を出しているのかを考える実験を行いました。

生活の中から、子どもたちは酸素を吸って二酸化炭素を吐いているのではないかと予想を立てました。

まずは、石灰水を使って調べました。

部屋から採取した空気と比べると、吐いた空気は石灰水が白濁しました。

 

次に、気体検知管を使ってより詳しく調べました。吐く空気については、子どもたちの提案で、鼻から吐く空気と口から吐く空気を分けて調べました。

2つの実験から、人(動物)は酸素を体に取り入れ、二酸化炭素を出しているようだということがわかりました!

理科・実験 葉に日光が当たると…

植物がよく育つためには、日光に当てることが必要ということは何となく知っている子が多かったですが、なぜ日光が必要かまで考えたことがなかったようです。

今回は、日光に当てた葉と当てなかった葉にヨウ素液につけ、色の変わり方を調べました。

 

まずは、反応がよくみえるようにエタノールで葉の色をおとします。

 

ヨウ素液につけてみると、日光に当てた葉のみ反応が見られ、でんぷんができていることが確認できました。

 

これから日差しが強くなってくると恨めしく感じることもある日光ですが、植物にとって大切なものであることがわかりました。

虫眼鏡 羽化間近     

先々週から育て始めたモンシロチョウは、早くも蛹(さなぎ)になり始めました。

教室で飼育しているので、理科の時間でなくても観察でき、蛹になるために糸をはいている幼虫もみることができた班が多くありました

よく観察すると、蛹もだんだん色が変わってくることがわかります。(緑→茶色)

 

一足早く飼育を始めた教員用モンシロチョウは、今朝羽化して飛び立っていきました!

ちなみに、羽化(うか)と孵化(ふか)を間違えてしまうケースもありますが、羽化は蛹から成虫になること。孵化は卵から生まれることを指します。

理科・実験 自記温度計設置  

4年生の「天気と気温」の学習で、天気による気温の変化について学習しています。校庭に設置されている百葉箱に気温を自動で記録する自記温度計を設置し、一週間の温度の変化を調べていきます。

虫眼鏡 ツルレイシ    

4年生は、ベランダでツルレイシを育て始めました。

このツルレイシは、春夏秋の季節ごとに観察し、気温と植物の関係について考えていきます。

そして、一部のツルレイシは夏の暑さをしのぐグリーンカーテンにするようです。育つのが楽しみです!

虫眼鏡 こん虫をそだてよう

3年生が、昆虫の成長の過程を観察するために、校舎北側のキャベツ畑へモンシロチョウの卵を採集しにいきました。

キャベツの葉の裏側を見ると、黄色くかわいい卵を見つけることができました。

 

各班、一枚ずつ卵のついたキャベツの葉をとってきて、葉がすぐに枯れないように茎を保護しました。

 

 

卵からチョウになるまでの変化を観察していくのが楽しみです!

理科・実験 ものを燃やすはたらきがある気体は…

空気中に含まれている、窒素・酸素・二酸化炭素のうち、ものを燃やすはたらきがある気体はどれなのかを調べる実験をしました。 

まずは、水上置換法でびんに気体を集めます。 

そのびんの中に、ろうそくの火を入れて様子を見ました。

 

窒素と二酸化炭素に火をいれると…

あっという間に、火が消えてしまいます。

 

酸素に火をいれると…

火が激しく燃えました。

 

実験の結果から、ものを燃やすはたらきがあるのは、酸素だということがわかりました。

生活の中で、酸素にものを燃やす力があることを知っていた児童もいましたが、実際に実験でその力を確かめてみると新鮮な驚きがありました!

0 0 9 7 5