理科・実験 吸う空気と吐く空気

6年が、呼吸で吸う空気と吐く空気の違いを調べ、体の中に何を取り入れ、何を出しているのかを考える実験を行いました。

生活の中から、子どもたちは酸素を吸って二酸化炭素を吐いているのではないかと予想を立てました。

まずは、石灰水を使って調べました。

部屋から採取した空気と比べると、吐いた空気は石灰水が白濁しました。

 

次に、気体検知管を使ってより詳しく調べました。吐く空気については、子どもたちの提案で、鼻から吐く空気と口から吐く空気を分けて調べました。

2つの実験から、人(動物)は酸素を体に取り入れ、二酸化炭素を出しているようだということがわかりました!